昨日は新宿住友ビルへ

すっかりクリスマス色shineになった街を眼下に、52階のレストランで行われた“グアルコ グラッパセミナー”に参加。
今回は、グアルコ蒸留所のグラッパを18種類も一度にテイスティングできる絶好のチャンス!
何より1号は大のグラッパ好き、いつもに増して真剣だ。

Grappa_2

1杯ずつ丁寧に歴史や製法などの説明を興味深く聞きながら、香りと味をゆっくり吟味。
魅惑のgrappa!
ボトルも見ているだけでワクワクします。

Gualco_grappa

またまたお気に入りの1本に出会えたので、近いうちにメニューにお目見えします。
トミーノではすでに2種類のグアルコ グラッパがありますので、ぜひぜひ食後にお試しくださいwine

“グラッパ(grappa)”は、ワインを造るときに出るブドウの搾りかす(皮や種子・果軸など)を発酵させたアルコールを蒸留したもの。
日本の酒税法上ではブランデーにあたります。
アルコール度数は38〜60度と高め。日本では食後酒を飲む習慣があまりないですが、イタリアではポピュラーで食後に良く飲まれているんです。

2010年11月30日

クチネッタ トミーノ